コーチングの日本コーチ連盟

コーチングを学びたい方のために 一般社団法人日本コーチ連盟

資料請求
受講申込
>
>
公共機関の皆様

法務省保護局  コーチング研修

 保護観察官  〜立ち直りと社会復帰を支援〜

保護観察官は、犯罪をした人や非行のある少年(保護観察対象者)の立ち直りと社会復帰を指導・支援しています。その一環として保護観察対象者を保護観察官が支援し、地域社会に役立つための活動を行っています。(公共施設の美化活動や、福祉施設での介助活動等)

これらの地域貢献活動は、保護観察対象者や保護観察官のほか、地域社会の事情に詳しい民間のボランティアも参加して行われます。活動を通じて保護観察対象者の人たちが
・社会に役に立つ体験
・活動を通じた人とのかかわり
・「自分でもできる」という気づき
を得ることで、犯罪や非行からの立ち直りを促しています。

 コーチングで支援をより円滑に

社会貢献活動の実施に当たって、保護観察官は活動のはじめに対象者と目標について話し合ったり、活動のふりかえり等の指導を行います。また、民間のボランティアの方々に活動への協力をお願いしています。

社会貢献活動では、保護観察官からの働きかけによって、参加する保護観察対象者の意欲を高めたり、成長を促したりすることが重要です。

コーチングは、自発的な行動や成長を促すコミュニケーション技術です。効果的な人間関係を創り、成長・変化のきっかけとすることができます。初歩的な技術を学び、実践するだけでも、相手の気持ちを受け止めやすくなり、アドバイスに活かすことができます。

また、コミュニケーションの力が向上することで、民間ボランティアの方々との連携も円滑に進めやすくなります。

 コーチング研修の内容

コーチング研修では…
1.相手の気持ちを受け止める「聴く技術」
2.相手と自分の「個性」は大きく違うこと
を理論的にお伝えするとともに、実際に体感することで学びを深めていきます。

「個性」はひとりひとり全く異なることを体験し、相手の伝えたいことを捉えやすくなる「聴く技術」を身につけることで、 より的確な支援やアドバイスをしたり、協力関係を創ることにつながります。

法務省保護局 社会活動中央研修 「コーチング」
講義内容 「コーチングの理論と実践」
コーチングの基礎理論の講義およびコーチングスキルの習得を目的とした演習
研修日 2014年 12/18(木)
研修時間 13:10−17:10
受講人数 保護観察官 53名

お問合せ先

日本コーチ連盟 事務局
〒103ー0025
東京都中央区日本橋茅場町2ー17ー5  CANALL日本橋2175 403号室
TEL:03ー5847ー5657 FAX:03ー5847ー5658
Eメール:info@coachfederation.jp
URL:http://www.coachfederation.jp/

お問い合わせ 03-5847-5657
受講申込フォームはこちら
説明会フォームはこちら
資料請求フォームはこちら

  コーチ養成プログラム説明会
  本科 コーチ養成プログラム
  大学公開講座(連盟公認)
  履修モデル
  コーチ養成プログラムの特徴
  コーチアカデミーとは
  コーチングとは
  安心の学習サポート体制
  継続学習の支援
  受講までの流れ
  講座一覧
  講座開催日程
  講座開催会場
  専科 心理専修プログラム
  単科 各種講座
講座スケジュール
大学公開講座
コーチングを受ける
TOPへ戻る