日本コーチ連盟

コーチングを学びたい方のために 一般社団法人日本コーチ連盟

資料請求
受講申込
>
>
【本科】 コーチ養成プログラム

【本科】コーチ養成プログラム  〜初心者から経験者まで〜

コーチングを身につけて自分も強化する

人間関係力は「聴く力」と「働きかける力」

部下から慕われる上司、仕事ができると噂の人。子供の個性を育む親。一緒にいたいと思われる人は、コミュニケーション能力を身につけています。それは話す能力ではなく聴く力。そして働きかける力。「コーチング」の学びを通して、信頼関係を育める人間関係力を伸ばしてみませんか?

確かな理論と豊富な実習 

コーチングスキルを学ぶ コーチ養成プログラム は段階別に構成されています。
ちょっとした言い回しや手法をたくさん覚えるのではなく、コーチングの骨組みと構造をしっかり
学べます。

基礎コース・・・コーチングの理論と技法を学び、基礎力を養成します
応用コース・・・人の潜在意識にアプローチできる実践力を養成します
この二つのコースを修了されると、日本コーチ連盟が認めるコーチングの学習課程を修めたことを
証明する 修了証書が授与 されます。

また、プロフェッショナルなパーソナル・コーチとしての技能養成を目的とした、
専門コース も設置されています。

コーチ養成プログラム 概要

コーチアカデミーのコーチ養成プログラムは、毎年、前期(4月/5月開講)と後期(9月/10月開講)に開講しています。 基礎コースから始めて、応用コースまで続けて受講することができます。
また、非営利機関として受講しやすい価格設定に努めております。
ご受講希望の方は早めにご検討ください。

 
受講概要 基礎コース 応用コース
受講期間・回数 約3ヶ月(計6回/月2回程度) 約3ヶ月(計6回/月2回程度)
開講曜日 土曜(A日程)と 日曜(B日程) 土曜(A日程)と 日曜(B日程)
受付中のクラス 【東京】2017前期
日曜クラス(B日程) 5/21開講
※2017後期クラス 準備中※
【東京】2017前期
土曜クラス(A日程) 8/5開講
日曜クラス(B日程) 8/27開講
【大阪】2018前期 ※準備中※
日曜クラス(C日程) 4月開講予定
【大阪】2017前期
日曜クラス(C日程) 8/6開講
開催会場
スケジュール
開催会場:(東京)東京都新宿区 (大阪)大阪市都島区
スケジュール:開催日程をご参照ください。
※各コースにつき、初回の欠席・2回連続の欠席・3回の欠席は不可
受講時間 1回 約7.5時間
 東京 10:30~18:00
 大阪 10:00~17:30
1回 約8時間
 東京 10:00~18:00
 大阪 10:00~18:00
受講定員 20名程度 20名程度
受講料金 113,000円(税込) 123,000円(税込)
※ 同期の基礎・応用一括申込の場合は 優待受講料226,000円(税込)
※ 分割払いも承っております。
受講要件 18歳以上の男女 基礎コース20単位以上取得見込者
特記事項 <大学公開講座からの編入学について>
コーチングの学習開始を、大学公開講座「コーチング入門」にすることも可能です。その場合は、次に「コーチング・アドバンス」を受講することで、本科「応用コース」に編入学いただくことができます。

●大学公開講座「コーチング入門+「コーチング・アドバンス」≒ 本科「基礎コース」
●応用コースに編入学いただく場合は応用コース受講料の他に「差額受講料」が発生します。
●学習の入り口(基礎コース orコーチング入門)が違っていても、応用コースまでの受講料の総額は同じです。

受要講概 専門コース
受講期間・回数 週末クラス:約6ヶ月(計9回/月1〜2回)
平日夜クラス:約9ヶ月(計21回/月2〜3回)
受講回数 月2回程度/合計9回〜21回
受付中のクラス 【東京】(次の募集は2017年の予定です)
【大阪】(次の募集は2017年の予定です)
開催会場
スケジュール
開催会場:(東京)東京都新宿区 (大阪)大阪市都島区
スケジュール: 準備中      
受講時間 週末クラス:1回 約7.5時間  平日夜クラス:1回 約3時間
受講定員 20名程度
受講料金 216,000円(税込) ※分割払いも承っております。
受講要件 応用コース修了 及び 心理専修プログラム 初級コース 受講者

基礎コース  〜コーチングの理論と技法を学び、基礎力を養成します〜

主な学習内容

★コーチング概論/傾聴技法/承認技法/質問技法など

コーチング概論 〜「答えはその人の中にある」〜

コーチングは、コーチが相手を教え導く方法ではありません。相手が相手自身を導けることを、コーチがサポートする方法です。したがって、コーチが相手をコントロールするための方法ではありません。

コーチング概論の課程では、「答えはその人の中にある」というコーチング世界の共通的な考え方が
どのようなものであり、コーチングの対話技術にどのようにつながる原理・原則であるかを学びます。

また、もうひとつ「協働関係」というコーチング世界の共通的な人間関係のはかり方として、どのように行うものであり、カウンセリングとはどのように違うのかなど、コーチングの基本要領を学びます。


傾聴技法 〜持続的な傾聴力の養成〜

●一所懸命に聴くことではない
ーーーーーーーーーーーーーーー
コーチングの傾聴は、「相手の気持ちになって聴くこと」ことでも「身を粉にして一所懸命に聴く」
ことでもありません。
そもそも、人には、見たいように見て、聞きたいように聞いてしまう傾向があります。 つまり、聴き手が自分の主観で、相手の話を「何が重要で何が重要でないか」判断しながら聞いてしまうことが
多いのではないでしょうか。

●相手が本当に聴いてほしかったこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果として、虫食い状態の聞き方になってしまい、相手が本当に聴いてほしかったことに限って聞けておらず、挙句の果てに自分の話をし始める、そして相手はストレスが溜まっただけ、そんなことが起きがちでないでしょうか。
傾聴技法の課程では、相手の根底にある率直な思いに近づき、共有することを可能にする「技法」としての傾聴の仕方を学びます。
虫食い状態の聞き方を避け、コーチングの基盤となる最も重要な技法です。


承認技法 〜相手の主観に肯定的に関われる力の養成〜

●相手を褒めようとすることではない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コーチングの承認は、「相手の褒めるところ」を探すことや「相手の良いところ」を見つけてあげることではありません。そもそも、人にはコミュニケーションをとる時、自分との相性や都合の良し悪しに偏る傾向があります。

そのうえ、相手が知るべきことを知っているか、やるべきことをやっているかなど、自分では気づかぬうちに、他者評価的な視点に立ってしまうことが少なくありません。この場合も、知識や経験が豊かな人ほどその傾向は強まります。
承認以前に、自覚していない排他的な自分自身が「壁」となってしまいます。

●自分が納得できる方向にコントロールしてしまう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに、自分とは異なる相手の感じ方、考え方、やり方などには不都合を感じやすいものです。
そのため、上司が部下に、教師が生徒に、親が子にコーチングを行う場合など、コーチである自分に
とって、納得できる方向や着地にコントロールしてしまいがちです。これでは、相手自身の潜在的な
強みに気づき、活用してもらうことは不可能といえるでしょう。

承認技法の課程では、コーチングのもう一つの基盤である「技法」としての承認の仕方を学びます。
コーチとは異なる感じ方や考え方を持つ相手をコントロールすることなく、
相手の主観に肯定的に関われる専門的な承認力 を養成します。


質問技法 〜相手の内面を深堀りできるサポート力を養成〜

●「誘導尋問」ではない
ーーーーーーーーーーーー
コーチングの質問は、コーチがコーチングの質問表現をたくさん覚えて、相手にいろいろ質問することではありません。
また、相手に「考えさせる」こと、「やる気を引き出す」こと、「行動を引き出す」こと自体を目的として行うものでもありません。
ましてや、コーチの疑問や違和感を解消するためでも、相手に対する理解を深めるために行うものでもありません。さらに、コーチングの質問は誘導尋問でもありません。

●相手の潜在意識への深堀りをサポートする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このように、質問を行う理由が従来のコミュニケーションと、コーチングのコミュニケーションでは
大きく異なります。ところが、人は「わからないこと」「知らないこと」「自分とは違うこと」などを聞くと反射的に質問してしまうものです。
そのため、相手の内面の深堀を促すサポートよりも、自分の納得を優先する質問をしてしまいやすく、
コーチをする側がコーチングを壊してしまいがちです。

質問技法の課程では、傾聴技法そして承認技法に基づいて行う、「技法」としての質問の仕方を学びます。コーチの疑問解消や間を持たせるための質問ではなく、相手の潜在意識への深堀と、
深い気づきが 主体的な行動へのつながりとなるような専門的な質問力 を養成します。


応用コース  〜人の潜在意識にアプローチできる実践力を養成します〜

主な学習内容

★人の潜在力の行動化を促せる技術と実践力を身につけます。

●感情を制御することが習慣化している
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多くの人が、子供から大人に成長するに従い社会性を身につけることで「理性的である」「客観的である」「合理的である」ことを大切にしています。結果として、自分の感情を制御することが習慣化しているのです。

●相手の感情にアプローチするために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、コーチングは、人の感情を行動のエネルギーとして活用する方法です。そのため、コーチは、
相手の喜怒哀楽をはじめとして多様な感情にアプローチする事になります。
しかしながら、まずコーチ自身が、普段制御している自身の感情をひも解いていなければ、相手の感情にアプローチすることは難しいといえます。相手の内面の力を活用するサポートをするにあたっては、コーチ自身が自分の内面に取り組む訓練が出来ていないといけません。

応用コースでは、
◆人の感情は、いつ・どこから・どのように・どのくらい「生産」されるものであるのか、そのことが
 いかに「その人らしさ」を形づくっている要素であるかを学びます。
◆相手へのアプローチの限界をつくってしまうコーチ自身の心の壁を、心の扉に変え、自らを深堀り
 する訓練をします。
◆また、傍から見た「こうすべき・こうしなければならない」ではなく、「自分ならばどうしたいか」
 という個性を反映させた行動は、持続可能で高いパフォーマンスにつながる可能性があります。

コーチングでは、普通の行動を、その人の「自己表現」に発展されるようにサポートしていきます。
このサポートを可能にするべく、 応用コースでは、受講生自身に訓練として取り組んでいただくことを通じて、相手の気持の深いレベルに関われる専門的な力を養成します。

●根本的な実践力を身につける
ーーーーーーーーーーーーーーー
人をサポートする前に、まずは自身について取り組んでいただくことで、実感を持ってコーチングが
実践しやすくなります。 また、このような訓練によって、コーチングの技術を学んでいただいたはずの受講生自身が、「コーチングを受けている」ような効果があります。結果として、受講生自身の深い
気づきが応用可能な根本的な実践力ともなります。


応用コースまで修了されますと、 日本コーチ連盟認定コーチ
養成プログラムを修めた証として、修了証書を授与します。

また、応用コースまで修了することで、日本コーチ連盟認定コーチ技能試験(U種)の受験資格を得ることができます。検定試験は、年2回行っております。受験についてはとくに期限はございませんので、御自身のタイミングでお受けいただけます。

 

 

専門コース 〜コーチングを創造的な協働関係に昇華する〜

主な学習内容

プロフェッショナルなパーソナル・コーチとしての技能養成を前提とした実践演習のコースです。
コーチングを相互の個体差を活用し合える人間関係学として実践力を養成します。

基礎コース及び応用コースで学習した型を、自身の感覚に浸透・定着させるとともに、「自己受容」の力を育み実感していきます。
さらに、「持続する意欲の仕組み」と、「持続する行動の仕組み」の創造に向けた協働作業を自然に行う力を養成します。

お問い合わせ 03-5847-5657
受講申込フォームはこちら
説明会フォームはこちら
資料請求フォームはこちら

  コーチ養成プログラム説明会
  本科 コーチ養成プログラム
  大学公開講座(連盟公認)
  履修モデル
  コーチ養成プログラムの特徴
  コーチアカデミーとは
  コーチングとは
  安心の学習サポート体制
  継続学習の支援
  受講までの流れ
  講座一覧
  講座開催日程
  講座開催会場
  専科 心理専修プログラム
  単科 各種講座
講座スケジュール
大学公開講座
コーチングを受ける
TOPへ戻る